新人でも扱いやすい|POSで顧客管理やレジ閉めを効率化|ビジネスサポーターズ
女の人

新人でも扱いやすい

レジスター

飲食店はスタッフの入れ替わりが激しいので、新人教育を効率化することは店舗経営において非常に重要な要素となります。新人が躓いてしまうポイントとして挙げられるのが、お客様からオーダーを取るときです。旧型のハンディを使っている飲食店では、メニューに書かれている商品名とハンディに書かれている商品名が違うこともあり、新人にとっては操作しづらくミスが起こりやすくなっています。最新のPOSレジを導入すれば、タッチパネル形式のハンディですので、操作性が非常に高いです。近年普及しているスマートフォンやタブレットと操作性を似せているので、誰でも簡単に使いこなすことが出来ます。最新のPOSレジのハンディを導入すれば、最短で30分ほどで研修を終えることが出来て、新人教育にかける時間を効率化できます。
最新型のPOSレジのハンディは、具体的にどのような点が使いやすいのかを知っておくようにしましょう。メニューの数が多い飲食店でも、名前検索などですぐに商品を見つけることが出来たり、スクロールやタブですぐに画面を切り替えることができます。また、旧式のハンディよりもメニューの名称が長く入りますので、略称ではなくメニューに書かれている名前の通りで登録されています。お客が注文したメニューをハンディで探すことが出来ずに困ってしまうといった事態を防ぐことが可能です。また、最新のPOSレジのハンディはテーブル移動にも柔軟に対応できて、在庫チェックなどもその場で行うことが出来るのでサービスの品質も向上させられることが出来ます。